子連れ旅行

生後2カ月の赤ちゃんとフジドリームエアラインズに乗ったら最高だった【LCC飛行機・FDA】

赤ちゃんを連れて初めて飛行機に乗る時って不安ですよね。

機内で泣いてしまわないか、人に迷惑をかけないか、授乳やおむつ替えはどうすればいいのか…。

私も、生後2ヶ月の赤ちゃんを連れて飛行機に乗るとき、とても不安でした。

その時に利用したエアラインは、フジドリームエアラインズ。

LCCということもあり、サービスやサポートに不安があったのですが、結果的には全くの杞憂で、むしろとても快適な旅になりました!

本当に、対応が素晴らしかったので、これからもぜひ利用したいなと思いました。

実際に赤ちゃんとフジドリームエアラインに乗ってみた感想、利用前にしておきたいことをお伝えします。

赤ちゃんと飛行機に乗る前にしておくべきこと

ちなみに2歳未満の赤ちゃんは、他の多くの航空会社もそうであるように、運賃は無料です。

ネットで予約した時、1番前か1番後ろなど、周りにお客さんがあまりいない席がいいと思っていました。

でもその席は空いておらず、指定できませんでした。

予約が終わった後、念のためフジドリームエアラインズの問い合わせ先に電話をしてみました。

赤ちゃんと一緒のため、できれば、お客さんがあまり周りにいない赤に変更ができないかと。

すると、直前まで前2列と後ろに列は予約ができないようになっていて、必要がある人に解放できるのだそうです。

なので、当日空きがあれば1番前か1番後に変更ができるよう、カウンターの方にも伝えておくと言うふうにおっしゃってくださいました。

ちなみにトイレにおむつシートはあるのでおむつ交換はできますが、授乳室はないので、咳などで授乳カバーをつけて、授乳することになります。

またミルク用の白湯などもお願いすれば機内でもらえるとの事でした。

また手荷物は、手回り品(小さなバックなど) +合計100センチ以内の手荷物のみ、機内持ち込みが可能です。

さらに、手荷物預かりについては、サイズ制限はあるものの、20キロまでは何個でも無料で預けられます。

そしてベビーカーやチャイルドシートは、これとは別に無料で預けられます。

ベビーシート付きベビーカーで移動する私にとってこれはとても嬉しい事でした。

登場当日

赤ちゃんがいるので早めに空港に到着。

カウンターに行くと、電話でお伝えされたように、昔の変更の件がカウンターの方に伝わっていました。

それで1番後ろの席に変更してもらうことができました。

また、ベビーカーを預けてしまうと、搭乗まで移動が大変だなと思っていたら、なんと搭乗口まで使える専用のベビーカーを貸していただけることに。

それはフルフラットになるので言って首が座っています生後2ヶ月の赤ちゃんでも大丈夫でした。

ただ、覆いがないのと、かなり低い位置に赤ちゃんが来るので、空港は人が多い分感染症が多い季節は気になるかもしれません。

私は大きめのコットンタオルを持っていたので、それを全体にかけることにして、赤ちゃんをカバーしました。

福岡空港には、ラーメン滑走路と言うラーメン街があり、普段、子供連れで行けないラーメン屋にも行けたりして、楽しかったです。

また、出発ロビー、北搭乗口のすぐ近くに、授乳室がありました。

また手荷物検査場を通り過ぎた後もすぐ右手に、授乳室が、1番端っこの搭乗口である1番搭乗口の近く5番搭乗口付近にも授乳室がありました。

授乳室にはカーテンで色れる2つのスペースがあり、先客がいても、まだ余裕があります。

ミルク用のお湯も出る機械も完備されています。

だれでもトイレは、ベビーカーごと入れる広々としたスペースで、オムツ替えの弟もありました。

登場から飛行中

登場は優先搭乗を利用することができました。

ベビーカーは預けて、赤ちゃんを抱っこした状態で席へ。

すると、1番後ろの席、通路を挟んだ反対側は誰も座っておらず、前の席とその通路を挟んだ反対側の席は、明らかに飛行機会社関連の方でした。

なので、一般のお客様からは少し離れたところに座ることができ、気持ち的にはかなり楽になりました。

離陸するときに、泣いたりしましたが、周りに一般のお客さんがいないと言うことで焦りも半減しました。

さらに、赤ちゃんサービスとして、シールセットやなどをいただくことができました。